top of page

カーボンブラックとは何ですか?

カーボンブラックは、タイヤ、プラスチック、塗料など様々な製品の添加剤やフィラーとして使用されるパラクリスタリン炭素の一種です。カーボンブラックパウダーは、その強い着色力により、プラスチック、塗料、レジン、インク、トナーなどの製品を着色するための顔料として一般的に使用されています。

トップへ戻る

Austin Black 325はカーボンブラックですか?  

いいえ。Austin Black 325 は、高品質で揮発性の低い持続可能な瀝青炭から製造された乾燥した微粉末で、カーボンブラックでは得られない多くの処方改善効果があります。

  • 例えば、カーボンブラックの比重が1.80であるのに対し、1.30と低比重であることや、

  • 板状の構造により、空気層を形成して空気の透過を抑え、空気の保持力を高めること、

  • 粒子径が小さく、容易に分散するため、混合補助剤として機能し、空気の放出を促進し、気泡やブリスター問題を軽減することができます。 

トップへ戻る

What is Carbon Black
Is AB CB

Austin Black 325の他のフィラーと比べた強みは何ですか?  

他のクレイ、タルク、炭酸カルシウムなどのフィラーと比較して、 Austin Black 325 は、最もコスト効率が良く、汎用性の高い有機フィラーの一つです。Austin Black 325は、比重が1.30と低く、pH値は7.0で、CFIの原料安定性、物流、カスタマーサービスにより、比類ない安定性を実現しています。米国の3つの加工工場、現地の8つの原料調達先、モニタリングと分析のためのISO 9001: 2015認証を受けたオンサイトラボ、新しい処方をテストするためのサードパーティラボがあるため、信頼性が確保されています。

トップへ戻る

Stack Up

なぜAustin Black 325はカーボンニュートラルなのですか?

私たは、持続可能性を追求し、お客様の環境目標の達成を支援します。工場内で何も燃やさず、加工時に化学物質を放出しないため、工場からの炭素の排出はありません。温室効果ガスや廃棄物を発生させないゼロエミッションの工業プロセスを誇りに思っています。

トップへ戻る

Carbon Neutral

なぜAustin Black 325は他のフィラーよりもコスト効率が高いのですか?

Austin Black 325, は比重が小さいため、より少ないポンド数の材料でより多くの金型に充填することができ、ポンド当たりの体積コストを大幅に削減しながらより多くの完成品を作ることができます。他のミネラルフィラーの比重が2.60~2.90であるのに対し、Austin Black 325は1.30であるため、最大で3倍の体積を充填することができ、コンパウンドコストの削減、最終的に収益性の向上に貢献します。

トップへ戻る

Cost Effective

石炭の異なる種類は何ですか? 

石炭のランク別に見ると、無煙炭、瀝青炭、亜瀝青炭、亜炭の4種類が主流です。無煙炭は最高ランクのもので、硬くて脆く、光沢があります。固定炭素の割合が高く、揮発性物質の割合が低い。瀝青炭は、光沢のある層と鈍い層を持つブロック状の層状炭で、発熱量が高く、含水率が低いのが特徴です。亜歴青炭は黒くて鈍い色をしており、発熱量は低~中程度です。亜炭と呼ばれることもある褐炭は、最も品位が低く、炭素の濃度も低い。発熱量が少なく、水分量が多いのが特徴です。

トップへ戻る

Types of Coal

CFIはどのようなサプライチェーン、マテリアルデータ、購買管理システムに対応していますか?  

専任の知識豊富なサービスチームは、お客様の処方や最終製品の目標に適した素材を調達することの価値を理解し、配送や物流を可能な限りシームレスにすることをお約束いたします。当社は、Elemica, AribaWEBEDIIMDS(International Material Data System)Ecovadis など、多くの業界のプラットフォームやシステムと互換性があります。

トップへ戻る

System Compatibility

世界26カ国以上のリーダー製造企業と提携しています。
私たちは、翻訳サービス、世界中の戦略的な販売店との関係、納期厳守の納品を保証する高度な管理体制で、 グローバルコラボレーション を容易にします。   

Cube Pattern 2.png
さらに、すべての製品は、献身的で知識豊富なサービスチームによって支えられています。このサービスチームは、お客様アンケート  の94%で「平均以上」または「素晴らしい」という評価を受けています。
bottom of page